ビジネスでコーチングを体験して感じたこと

一人で煮詰まったのでコーチングをお願いした

一人で煮詰まったのでコーチングをお願いした : コーチングとは勇気づけてくれる人 : コーチに気づかされる日々

私は大学を卒業してから10年ほどサラリーマンをしていました。
結婚をきっかけにサラリーマンを辞めようと思い、そのまま独立をしようと考えたわけです。
なぜ辞めようと思ったかと言えば、あまりにも残業が多すぎるからです。
特に子供が生まれてからは子供と過ごす暇がほとんどなく、何のために生きているのか分からなくなったため退社を決意したわけです。
ただ、いきなり独立するといってもうまくいくわけがありません。
そこでもう少しサラリーマンを続けながら起業の計画を立てようと考えました。
私はもともとコンサルタントの仕事をしていましたので、コンサルタントで独立しようと考えたわけです。
とは言え自分1人だと精神的にも煮詰まってしまい、なかなかうまくいかなそうだったため、コーチングをお願いしようとしました。
コーチングを体験したことはありませんが、確か高校で部活をしていた時、なかなか良いコーチがいてそのコーチのおかげで私は県大会で準優勝ができたと今でも信じています。

本日人生で初めてエグゼクティブコーチングなるものを受けてきた。

的確な質問をしていただくことで、自分の思考がクリアになる体験。

経験に基づくアドバイスや事例の共有。
どれをとっても有意義なものでした。

課題も明確になったので、あとはやるだけ。

— たばてぃしゃちょー (@tabaty_shacho) August 23, 2019